• ホーム
  • 過去に健康被害の報告があるED治療薬

過去に健康被害の報告があるED治療薬

心配している男性

ED治療薬として世界で流通している製品は、有効成分そのものは異なりますが、EDに効く基本的なしくみは実は同じもので、いずれも「PDE5阻害薬」という種類に属するものです。
例えば、ED治療薬に含まれるバルデナフィルという有効成分ですが、この成分は体内に摂取されると、PDE5という性器のあたりによくみられる酵素に選択的にはたらいて、その妨害をします。
実は、このPDE5という酵素は、血管や筋肉を収縮することに関与しているため、この酵素がマイナスに作用すると、血流が細くなって男性機能が発揮できなくなってしまうのです。逆にPDE5を妨害することで、血管が拡がって血流がさかんになり、EDの症状が改善されるのです。
このようなしくみがあることから、バルデナフィルにかかわらず、ED治療薬を投与した際には、ほてりや頭痛などの、血管の拡張にともなう副作用が生じることがあります。ただし、バルデナフィルを適正量だけ含有する医薬品については、これらの副作用は一過性もので、やがて消失してしまうため問題はありません。
健康被害とよばれるような大々的な副作用があるのは、むしろ正規のED治療薬というよりも、高値をあてこんでつくられた偽物のED治療薬や、医薬品でもないのに治療効果を標榜するような健康食品です。
こうしたもののなかには、服用したところ低血糖症になってしまい、意識がもうろうとしたという健康被害が世界中から寄せられており、シンガポールでは偽物のED治療薬で死亡したケースも過去に報告されています。
通販などでバルデナフィル入りのED治療薬を海外から購入しようとする場合には、信頼のおけるサイトから注文しないと、このような偽物による健康被害に悩むことになってしまいますので注意しましょう。

関連記事
パイプカットせずに匂わないバルデナフィルで楽しむ 2019年12月03日

これから子供作る予定がないので、おもいっきり性行為を楽しみたいという方はパイプカットがおすすめです。パートナーと同意の上で避妊なしで性行為をすることができます。しかしパイプカットをしても性感染症には注意しなければなりません。また精嚢にまだ精子が残っている可能性がありますので、医師の指示があるまでは避...

ドーパミンとバルデナフィル服用で受けるべき心筋シンチグラム検査 2019年11月02日

バルデナフィルは血管を拡張させる優れた働きにより、性行為の際にトラブルとなる勃起不全を解消します。この勃起を促進させる薬剤に加え、脳内神経伝達物質の一つであるドーパミンに作用する医薬品などを用いることで、身体的な理由の勃起不全だけではなく、性欲の減退という心因的な問題も克服できるようになるので、効果...

バルデナフィルは食欲不振の恐怖心に苛まれない 2019年10月04日

バルデナフィルによって食欲不振の恐怖心に苛まれることはありません。バルデナフィルは、勃起不全を治療するために必要な成分の一種のことを言います。特定のED治療薬に含まれている成分で、この成分が入っている薬を使うと持続的な勃起作用を促すことが出来るのです。では、なぜこの成分が入っていると勃起を持続させる...

バルデナフィルが含まれているED治療薬 2019年06月03日

世の男性の深刻な悩みであるEDの治療薬としては、世界的にもいくつかの銘柄が知られていますが、いずれも有効成分の組成は異なっており、それぞれに独自のメリットがあります。なかでも、有効成分としてバルデナフィルが含まれているED治療薬としては、ドイツのバイエル社、日本では大阪のバイエル薬品が製造しているE...

バルデナフィルと酸化マグネシウムで不利なEDを治療 2019年09月08日

胃炎や胃下垂、胃酸過多などの胃腸疾患に効果を発揮するのが酸化マグネシウムです。副作用がほとんど見られず、習慣性もほとんどありません。胃の機能が弱ってくると消化能力が低下し、栄養を十分に吸収できなくなります。栄養不足を解消するためには、栄養をたくさん摂ることよりも、しっかり吸収できる環境を整えることが...