• ホーム
  • がん治療の放射線治療とバルデナフィル服用

がん治療の放射線治療とバルデナフィル服用

膀胱や前立腺などの部位に癌の腫瘍が発見された場合には、医療機関では放射線なども用いて治療を行うケースが頻繁に見受けられます。
この際には、放射線の照射による自律神経への影響もあり、治療後に勃起不全などの症状が起こることが多くあるのです。
現在は、がん治療における医学的な技術が急速に進んだために、それぞれの症状に応じた適切な治療法が選択され、身体的な負担の少ない放射線治療などが選択されるケースも多くなります。
この治療方法は、外科的な手術に比べ後遺症が残ることが少なくなりますが、前立腺への負担が大きくでるケースもあるので、性行為の際には勃起機能に支障を来たす可能性が出てくるのです。
放射線を用いることが必要になるほどの健康状態の修羅場では、やむ終えず勃起や排尿に関連する神経系に負担を掛けてしまうこともあり、がん治療の後に、身体的な違和感を残してしまうことは事実です。
このようなケースに対応する為には、治療が完了した後にバルデナフィルなどの薬剤を服用する事が効果的で、陰部の血管を拡張させ、勃起不全や性行為にまつわる障害を克服する治療を受ける事が望まれます。
このバルデナフィルの特徴としては、従来の薬剤よりも薬効成分に改良が施され、より円滑に体内へ吸収されるようになっているのが特徴です。
そのため、即効性も期待でき、海綿体へ薬剤の成分を直接作用させることができるので、身体的な負担も軽くなり勃起の不具合を上手く解消します。
これら複数の優れた特徴から、バルデナフィルは副作用の少ないものとされ、がん治療などを受け勃起不全の問題が顕著になった患者様のケースなどでは有効な薬剤として活用することができるものです。

関連記事
バルデナフィルは食欲不振の恐怖心に苛まれない 2019年10月04日

バルデナフィルによって食欲不振の恐怖心に苛まれることはありません。バルデナフィルは、勃起不全を治療するために必要な成分の一種のことを言います。特定のED治療薬に含まれている成分で、この成分が入っている薬を使うと持続的な勃起作用を促すことが出来るのです。では、なぜこの成分が入っていると勃起を持続させる...

バルデナフィルが含まれているED治療薬 2019年06月03日

世の男性の深刻な悩みであるEDの治療薬としては、世界的にもいくつかの銘柄が知られていますが、いずれも有効成分の組成は異なっており、それぞれに独自のメリットがあります。なかでも、有効成分としてバルデナフィルが含まれているED治療薬としては、ドイツのバイエル社、日本では大阪のバイエル薬品が製造しているE...

バルデナフィルと酸化マグネシウムで不利なEDを治療 2019年09月08日

胃炎や胃下垂、胃酸過多などの胃腸疾患に効果を発揮するのが酸化マグネシウムです。副作用がほとんど見られず、習慣性もほとんどありません。胃の機能が弱ってくると消化能力が低下し、栄養を十分に吸収できなくなります。栄養不足を解消するためには、栄養をたくさん摂ることよりも、しっかり吸収できる環境を整えることが...

無くならない健康食品による健康被害 2019年07月29日

厚生労働省によれば、わが国では約3割の人が日常的に健康食品やサプリメントを利用しており、健康維持や栄養補給に役立てているとされています。ところが、人が口から摂取するもののなかで、医薬品については医薬品医療機器等法とよばれる法律によって明確に定義されているものの、健康食品については厳密な定義がありませ...

過去に健康被害の報告があるED治療薬 2019年07月04日

ED治療薬として世界で流通している製品は、有効成分そのものは異なりますが、EDに効く基本的なしくみは実は同じもので、いずれも「PDE5阻害薬」という種類に属するものです。例えば、ED治療薬に含まれるバルデナフィルという有効成分ですが、この成分は体内に摂取されると、PDE5という性器のあたりによくみら...